弁護士法人 名古屋南部法律事務所

お問い合わせ

法律トピックス2018/07/01

架空請求にご注意を

 [弁護士]田巻 紘子

Q.「消費料金」を請求するハガキが届きました。どうしたらいいでしょう?

A.それはご不安でしたね。滞納しているとか、払わないと訴訟するぞとか、最終告知だと書かれていると、焦ってしまいますね。自分宛なら「身に覚えがない」と気持ちを強く保つことができても、同居の家族宛だと「内緒で借金があるのかも・・・」と疑心暗鬼になってしまうこともあります。

このようなハガキが来たときにはまず落ち着いて、差出人を見てみましょう。「法務省管轄支局 国民訴訟通達センター」(○○センターは「民事訴訟管理センター」などに変わることがあります)など実在しない機関が書かれている場合、詐欺に間違いありません。

大事なことは、慌ててハガキに書かれた連絡先に連絡を入れないことです。こちらの個人情報をたくさん上手に聞き出されてしまい、さらなる詐欺被害に遭ってしまいます。

詐欺と思っても、無視するのはやっぱり不安、というのも人情です。名古屋市消費生活センターへ相談してください
(架空請求の電話相談は052-222-9674)。

弁護士にご相談いただいてももちろん大丈夫です。信頼できるところへ、ご相談くださいね。


(2018.7執筆)

相談仮予約のお申し込み

相談のお申し込みは、基本的には
電話でご予約をお願いします。

電話受付時間 平日9:00〜17:15

時間外のお申込みは…

お名前(必須)
ご住所(必須)
つながりやすい電話番号(必須)
電話に出られる平日の時間帯を選択
ご希望の相談日と時間を入力 例:2018年1月1日第1
希望
第2
希望
第3
希望

お問い合わせ内容(必須) 
※200字以内で簡潔にお願いします

Check

このお申し込みフォームは、法律相談の予約申込みをするものですので、メールで直接の法律相談をすることは致しかねます。
また、相談申込みに対する返答は、電話で行います。営業時間は、平日の午前9時から午後5時15分までです。
できるだけ相談申込みを受けた翌営業日にご連絡致しますが、当事務所の都合上それができない場合もありますので、ご容赦下さい。
また、数日経っても、当事務所から連絡がない場合は、申込みが当事務所に届いていない可能性があります。お手数ですが電話でご連絡下さい。
希望する相談日時に添えない場合もございますが、その場合は、何卒ご容赦願います。