弁護士法人 名古屋南部法律事務所

お問い合わせ

法律トピックス2018/08/01

LGBTsハラスメントとダイバーシティ

 [弁護士]岡村 晴美

現代社会は、パワーハラスメント、モラルハラスメント、セクシュアルハラスメント、マタニティハラスメント等々、ハラスメント(嫌がらせ)が氾濫しています。ハラスメントは、加害者が被害者の人格を傷つけることで、自分のプライドを満足させるという側面があります。いじめと同じで、きっかけさえあれば、理由なんて何でも良いのです。

中でも、セクシュアル・マイノリティであることをきっかけに起こるハラスメントは、LGBTsハラスメントと呼ばれています。セクシュアリティの問題は、人間の根源にかかわる問題でもあり、軽いいじり、冗談のつもりでも、被害者の心は傷つきます。特に、第三者によるカミングアウトの被害は、うつ病の発症や自殺など、深刻な被害をもたらしています。

ハラスメントと対極にあるのが、ダイバーシティという考え方です。多様な性や生き方を認めようとする考え方は、ひとりひとりを個性ある人間として尊重しようとする考え方と共通します。多様な性や生き方を認めあうことは、さまざまなハラスメントの構造を壊すことにもつながるのではないかと期待しています。


(2018.8執筆)

相談仮予約のお申し込み

相談のお申し込みは、基本的には
電話でご予約をお願いします。

電話受付時間 平日9:00〜17:15

時間外のお申込みは…

お名前(必須)
ご住所(必須)
つながりやすい電話番号(必須)
電話に出られる平日の時間帯を選択
ご希望の相談日と時間を入力 例:2018年1月1日第1
希望
第2
希望
第3
希望

お問い合わせ内容(必須) 
※200字以内で簡潔にお願いします

Check

このお申し込みフォームは、法律相談の予約申込みをするものですので、メールで直接の法律相談をすることは致しかねます。
また、相談申込みに対する返答は、電話で行います。営業時間は、平日の午前9時から午後5時15分までです。
できるだけ相談申込みを受けた翌営業日にご連絡致しますが、当事務所の都合上それができない場合もありますので、ご容赦下さい。
また、数日経っても、当事務所から連絡がない場合は、申込みが当事務所に届いていない可能性があります。お手数ですが電話でご連絡下さい。
希望する相談日時に添えない場合もございますが、その場合は、何卒ご容赦願います。