弁護士法人 名古屋南部法律事務所

お問い合わせ
相続

相続問題は、事前に準備を行っておけば、後の紛争を防止できることが多くあります。準備を全く行わなかったり、問題が起きてから放置をすると取り返しがつかなくなったり、紛争の長期化を招くことがあります。
相続に関する争いごとを予防したり、すでに起きている争いごとを最小限にするためには、弁護士にお早めに相談していただくことが時間的にも金銭的にもより良い結果となることが少なくありません。どんなご不安ごとでも構いませんので一度ご相談ください。

相談が多いキーワード

  • ・子どもたちに相続をめぐって争ってほしくない
  • ・遺言書をどうやって作成すればよいか分からない
  • ・遺言書が見つかったが、どうすれば良いか分からない
  • ・相続をめぐって親族間でもめている
  • ・相続について話合いはついたが、正式な形で書面 に残しておきたい
  • ・自分にどれぐらい相続権があるのかを知りたい
  • ・借金を相続したくない

Q&A

Q 子どもたち同士で相続をめぐって争いにならないために、親である私が今から準備できることはありますか。
A 遺言書を作成することをおすすめします。
有効な遺言書が作成されると、相続人は原則として遺言書の通りに遺産を相続しなければならなくなるため、相続人間の争いを予防することができます。遺産が少ないという方でも、遺された不動産などの遺産をめぐって争いとなることが少なくないため、安心して次の世代に引き継ぎを行うことができます。
遺言書はお一人でももちろん作成できますが、遺言書は内容や作成方法によっては効力が認められなかったり、効力をめぐって相続人間で争いになることも多々あります。また、後に遺留分が問題になることもあります。
「遺言書の作り方が分からない」、「遺言書を作ったけれどこれで大丈夫か不安」、という場合は一度弁護士にご相談ください。
Q 10年以上前に親が亡くなった際、自分は財産を全くもらえず、他の兄弟が全て財産を独り占めにしてしまいました。今になって、自分の取り分が欲しいと思っても遅いのでしょうか。
A 今からでも取り分を請求できる可能性はあります。
ただし、遺言書の有無・内容、遺産分割協議の有無・内容によっては難しい場合もあります。具体的なご事情を伺わなければ判断できないことがほとんどですので、一度ご相談ください。

相談仮予約のお申し込み

相談のお申し込みは、基本的には
電話でご予約をお願いします。

電話受付時間 平日9:00〜17:15

時間外のお申込みは…

お名前(必須)
ご住所(必須)
つながりやすい電話番号(必須)
電話に出られる平日の時間帯を選択
ご希望の相談日と時間を入力 例:2018年1月1日第1
希望
第2
希望
第3
希望

お問い合わせ内容(必須) 
※200字以内で簡潔にお願いします

Check

このお申し込みフォームは、法律相談の予約申込みをするものですので、メールで直接の法律相談をすることは致しかねます。
また、相談申込みに対する返答は、電話で行います。営業時間は、平日の午前9時から午後5時15分までです。
できるだけ相談申込みを受けた翌営業日にご連絡致しますが、当事務所の都合上それができない場合もありますので、ご容赦下さい。
また、数日経っても、当事務所から連絡がない場合は、申込みが当事務所に届いていない可能性があります。お手数ですが電話でご連絡下さい。
希望する相談日時に添えない場合もございますが、その場合は、何卒ご容赦願います。