弁護士法人 名古屋南部法律事務所

お問い合わせ

法律トピックス2019/06/11

児童虐待とDV

痛ましい児童虐待が報道されると、その背景にDV(配偶者に対する暴力)の存
在が指摘されることがあります。同じ家族の中で、児童虐待とDVが同時に発生
しているケースは多く、児童虐待とDVはコインの両面だと言われます。
さらに考えを進めて、子ども自身に向けられた暴言や暴力でなくても、子どもが
DVを目撃することは、「面前DV」といわれ、それ自体が児童虐待にあたりま
す(児童虐待防止法第2条第4項)。近年の研究で、「面前DV」が、子どもの
脳を損傷させることが明らかとなりました。身体的DVの場合の目撃と比較して、
暴言や威圧などの精神的DVを目撃することによる悪影響が大きいこともわかっ
てきました。
しかし、DVの存在には気付いても、子どもに対する暴力はないからという理由
で、被害者がDVを受容し、我慢し続けるケースは多く、子どもが長期にわたっ
て「面前DV」にさらされた結果、青年期以降になって精神的なトラブルを生じ
てしまうこともあります。
子ども達が不必要な傷つきで、人生を台無しにしてしまうことがないよう、家
族は互いの人格を尊重しあい、安心な環境を守ることがわたしたち大人の役割だ
といえるでしょう

弁護士 岡村晴美

相談仮予約のお申し込み

相談のお申し込みは、基本的には
電話でご予約をお願いします。

電話受付時間 平日9:00〜17:15

時間外のお申込みは…

お名前(必須)
ご住所(必須)
つながりやすい電話番号(必須)
電話に出られる平日の時間帯を選択
ご希望の相談日と時間を入力 例:2018年1月1日第1
希望
第2
希望
第3
希望

お問い合わせ内容(必須) 
※200字以内で簡潔にお願いします

Check

このお申し込みフォームは、法律相談の予約申込みをするものですので、メールで直接の法律相談をすることは致しかねます。
また、相談申込みに対する返答は、電話で行います。営業時間は、平日の午前9時から午後5時15分までです。
できるだけ相談申込みを受けた翌営業日にご連絡致しますが、当事務所の都合上それができない場合もありますので、ご容赦下さい。
また、数日経っても、当事務所から連絡がない場合は、申込みが当事務所に届いていない可能性があります。お手数ですが電話でご連絡下さい。
希望する相談日時に添えない場合もございますが、その場合は、何卒ご容赦願います。